フラメンコロイドの旅

ロイドごはんの公式ブログ

【津軽じょっぱり酒場漁場酒場 青森本町店】“ここ一軒で青森県!”津軽三味線を聴きながら郷土料理が味わえるお店! 青森県青森グルメ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

 

ブログランキングに参加中! ↓↓↓

ここにくれば青森あり!

青森の料理を食べたいのと
津軽三味線を聴いてみたい!ということで…

津軽三味線を聴きながら
青森の料理が楽しめるこちらにやってきました!


入り口の大きなねぶたが目印

青森の街中にこの大きなねぶたがどーーーん!
めっちゃくちゃ目立ってます笑♪

これは有名なねぶた師の
北村春一、外崎白鴻両氏が製作したものだそうで
まさにお店の看板ですね ♪(´ε` )


ねぶたは近くで見るとさらに大迫力!

本州最北端にある青森県は
三方を日本海、太平洋、陸奥湾に囲まれているため
海産物が豊富に獲れるんです

青森は

日本海に面する「津軽地方
多くの有名漁港があり太平洋に面する「南部地方
3つの海に面し本州最北の大間岬がある「下北地方

の3つに分かれています

お店自体は青森市にありますが
青森県全般の料理を楽しむことができるんです♪


階段を上がり2階へ…

店の入り口を開けるとそこはまるで異空間
薄暗い店内にはぼおっと照明が灯り
ねぶたの絵が障子に描かれています

雰囲気がとにかくいいので笑
しっとり飲みたい時は ぜひこちらをチョイス💕

 


2階、3階もある。いずれも落ち着いた雰囲気

お店はなんと∑(゚Д゚)!   年中無休
そして津軽三味線は毎日19時から演奏が始まります

1階は満席でしたが
2階でも演奏が聴けるということでまずは2階席へ…

楽しみになってきましたよ〜♪

津軽三味線を聴きながら…

少し時間ギリギリだったので
お通しが来る前に演奏が始まりました笑
生演奏なので、三味線の迫力が伝わってきます
が、、なにぶん時間が短く
ほんの15分も経たないうちに終了…  ありり ( ゚д゚)??


1階で開催される津軽三味線の演奏は2階でも聞ける

こちらで聴けるのは
ほんのさわりの津軽三味線でした 笑
まあ、こんなもんかな…

もっと迫力の演奏を聴きたいならば
市内に生演奏している居酒屋がいくつかあるようです
そちらを探された方がいいかもしれませんね (´∀`)

というところで
ナイスタイミングで笑  お通しから登場です!


お通しは必ず火を通すものがくるらしい


今日のお通しは牛肉すき焼き風  500円

こちらはお通しに火が通るものが出るようです
この日は牛肉のすき焼き風の鍋が一人前出てきました
座るだけで500円なので、少し高いと感じるかも。。

そしてこちら、青森といえば いぶりがっこ


いぶりがっこ、これだけ値段不詳。。

皿に蓋がしてあり
その中で燻煙しながら提供されるので
蓋をパカっと開けると
スモーキーな香りがふわあっと広がります

味は普通のたくあんですが
ちょっと燻製されると風味があってお酒に合いそう
これは家でも真似できそう💕

 

こちらが青森自慢の地鶏   青森シャモロック🐓


シャモロックの手羽先揚げ  990円


身がしっかり締まって滋味深い

青森シャモロックは
青森県畜産試験場が20年かけて交配した地鶏だそう!

全て平飼い(放し飼い)で、
一般のブロイラーの2倍の時間をかけて
じっくりと育てていくのだとか。。
ダシにしても奥深い味わいで濃厚な味が出るそうです!

噛むと歯ごたえがスゴい!
ブルンと口の中で跳ねるような力強さで
滑らかな繊維がはっきり感じられる逸品でしたよ♪

続いては…


天然ホヤ 580円


身がオレンジの真ホヤ

ホヤです〜
これはあまり馴染みがないと思います

その形から海のパイナップルと呼ばれますが
味は全然パイナップルじゃないです笑

豊富な青森県民が愛する海の幸を七子八珍と呼び
青森の食文化をアピールしているんだそうですが

季節を感じる珍味として愛され続けている八品に
ホヤが入っているそうです
ちなみに他の7つには
「くりがに、がさえび(シャコ)、なまこ、うに、
ふじつぼ、
白魚(しらうお・しろうお)、さめ」     がある 

 

続々と珍味や肴が登場してきます〜


鬼の大根おろし 290円


ニンニク爆弾揚げ 890円


ねぶた漬  590円

この辺は、だいたいの想像がつくと思います
青森産のニンニクは
とにかく大きくてぼってりしてます
丸揚げにするとまるでユリ根のような
ホクホクした食感になって
塩とレモンで食べたらめちゃくちゃ美味しかった💕

そして最後に頼んだ変わり物は…


農家の干し餅  440円

干し餅です!
初めてみましたが、ただの干した餅ではありません笑


甘辛醤油を刷毛で塗りながら焼いていく


囲炉裏で焼くと美味しそう。。

水分をたくさん含ませて凍らせ
さらに寒気に晒して乾燥させた
青森や北東北の伝統的な保存食だそうです

地方によっては
「凍り餅」(こおりもち)「凍み餅」(しみもち)
「凍み氷」(しみごおり)などとも呼ばれるそう

軽い食感でサクッとしておやつみたい∑(゚Д゚)!

 

所が変われば食べるものもだいぶ違いますね〜


帰りもねぶたが見送ってくれる

こちらは値段がちょっと高め設定です
雰囲気や置いてある日本酒のバリエーション
三味線が聴ける、というのが利点だと思います

安くて美味しいところであれば
本ブログでも紹介した
青森駅前の 食事処おさないもオススメです♪

両方行ってみて思うのは
お店の方が大変気さく、ということ (´∀`)!

「どこから来たの?」
「よく遠いとこまで来てくれたねえ」

そう、声をかけられることが何回かありました

今でこそ交通が発達してますが
その昔はなかなか人がたどり着けない
最果ての地だったんだろうなあ…

青森を体感したいなら、ぜひ地元のお店へ!

 

ブログランキングに参加中!↓↓↓

ポチッと応援よろしくお願いいたします♪
シェアして頂けると励みになります!
みなさん応援どうぞよろしくお願いいたします!

鳥のイラストライン

津軽じょっぱり漁場酒場青森本町店
(つがるじょっぱりりょうばさかばあおもりほんまちてん)
住所:青森県青森市本町2-5-14
電話:050-5589-0332
営業時間:17:00~0:00
年中無休
*臨休等の詳細は必ず事前に連絡を!
ーーーーーーーーーーーーー
電車:JR青森駅より徒歩15分
駐車場は無しだが徒歩圏内にパーキングあり

この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ロイドごはんの公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.