フラメンコロイドの旅

ロイドごはんの公式ブログ

【鰻 にしはら】大阪No.1の鰻!高評価を獲得する関東風ふわふわうなぎを実食! 大阪府大阪グルメ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

 

ブログランキングに参加中! ↓↓↓

大阪でうなぎを食べたことがなかった我々

メロンシートがリサーチ🔎
大阪でNO.1のうなぎ屋の予約が取れたので
伺ってきました〜🚶‍♂️🚶‍♀️💕


夕方に予約、ちょっと遅れましたが快く対応して頂きました

こちらは
食べログ“大阪No.1”を獲得しただけでなく
“食べログアワードブロンズ”選出ということで
今話題となっているうなぎ店であった

大阪にあるが
“蒸す”という関東風の行程が入るお店でもあり
それだけで興味津々。。

 

ちなみに
「予約可」とあるが、実質は必須

予約でうなぎが売り切れるようなのでご注意あれ!


予約のお客のみ。余裕を持って座れます

向かう途中で道が渋滞し🚗💦
希望の時間から遅れてしまったが
快く対応して頂けとてもありがたかったです🤗


落ち着いた店内でうなぎに向き合う準備

到着時、店のお客さんは意外にも我々のみ

それでも予約だけで今日の分が売り切れたようで
早々と店の電気は消えていた

そして開店後の店には
じゃんじゃんと予約の電話が…


目の前の厨房では店主が1人、うなぎを焼き蒸す

客が到着してから蒸したり焼いたりを始めるため
着いてから30〜40分ほど時間が必要
時間の余裕を持って訪問してほしい


一匹半入った大(5,700円)を予約時に伝え済み

こちらは予約時に注文するシステム

予約時に「何にされますか?」と聞かれる

なので、到着したら自動的に調理スタート

一応参考までにメニューの写真を掲載


蒲焼きや白焼きなども予約時の申告が必須

お店には我々ともう1組しかいなかったが
そのお客さんが
白焼きありますか?」と聞いたら
今日はもう売り切れで…」と言っていたので
う巻きやすざく、白焼きなどのサイドメニューも
予約時に伝えておいた方がより確実!

 

さあ、、
我々が到着してから
にわかに厨房が慌ただしくなってきた…🔥


まずは骨の唐揚げで助走、塩が効いて美味い!

骨の唐揚げは付いてくる

塩の効いた唐揚げをぽりぽり食べながら
出来上がりを待ち…

居心地はとってもいいので
のんびり、楽しみにうなぎの到着を待つ


なぜスプーン?!? その理由は…

うなぎの登場!


うなぎ丼 大( 5,700円)並ぶと圧巻!

「お待たせしました」
カウンター越しに店主が渡してくれた

こちらが 大うな丼


丼を覆ううなぎ、実際食べるとボリューム多し

他店ではあまりみたことがない
こだわりある陶器での提供される

他にはない、お店ならではのこだわりを感じる


漬物が美味し!長芋、人参、きゅうりの塩漬け


肝吸い


さぐるとキモが隠れている

うな丼には漬物と肝吸いが付く

漬物が新鮮、ジューシーで美味しい!

肝吸いは標準的。
先がすぼまった椀で出ていたが
ここは少しこだわり過ぎかな、、とも思ったが

メインは鰻
うなぎへの序章

さあ、いざ実食!


鰻の柔らかさ、食べた中ではNo.1!

と、箸を入れた瞬間にスプーンの意味がわかった

めっちゃ柔らかい…!

写真はかろうじて箸を添えていたが
この後にホロリと崩れていった。。

蒸しが入るうなぎは
これまでなんども食べたが
その柔らかさはこれまでの中でNo.1!

あらかじめスプーンが用意されているので
店主の方もそれが狙い、なのかもしれない

パリふわ、を通り越して
ふわふわほろほろの鰻!


粉山椒でなくミルで山椒の身を削るとより香りがたつ

ちなみにこちらの山椒、、
最近食べた名古屋のうな豊うな富士
で頂いた時にもこのミル形式で提供されていた…

 


山椒の香りが全体に香る

粉ではなく、身をミルで削るため
全体にふわっとまぶされて
香りがよりふわっとまとわるようになって
ピリ辛がより上品になる気がする。。

うなぎの名店では
このミル形式が流行ってるのかも♪

ご飯がやや硬めだったので
うなぎの柔らかさとの調和を考えると
すこし柔らかい方がよかったかな、と思いつつ
そこは人の好み次第というところ…


美味しく頂きました


予約のみの営業。柔軟に対応してくれるとのこと

なかなか訪れられない
大阪の鰻、しかも評価が高いということで
非常に貴重な機会いただきました!

こちらのうな丼にはタレが添えられたが…


陶器で提供のちょい足し用タレ

味は十分だったので
ほとんど丼には足さずに終わった。

せっかくなので
ちょっとタレだけ味見してみたところ…
醤油の味がしっかりした
どこか強さを感じるタレであることに驚いた

おそらく若いお店ゆえ
若干カドが尖った印象だったが
このタレが年月を重ね継ぎ足されていくと
カドが取れて丸くなっていくのだろうなあ。。

店が老舗になっていく
そんな楽しみがあるのかもしれない。。

色々な意味で
考えるきっかけをもらうお店でした。

 

ブログランキングに参加中!↓↓↓

ポチッと応援よろしくお願いいたします♪
シェアして頂けると励みになります!
みなさん応援どうぞよろしくお願いいたします!

鳥のイラストライン

鰻にしはら(うなぎにしはら)
住所:大阪府大阪市中央区北新町4-12
電話:06-6926-4478(予約がベター)
営業時間:[火~日] 11:00~14:00(L.O.13:45)
17:00~21:00(L.O.20:30)
年中無休
定休日:月曜日と第2火曜日
*臨休等の詳細は必ず事前に連絡を!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
電車:谷町四丁目駅より徒歩5分
天満橋駅より徒歩7分

この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ロイドごはんの公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.