フラメンコロイドの旅

ロイドごはんの公式ブログ

【梅乃屋】竹岡式ラーメンのユニークさに唸った! 千葉県富津グルメ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

どうも〜フラメンコロイドです!

さてさて、ここ最近、西日本側のラーメンが多かったので、
今回は、久々の関東のラーメンに行ってみたいと思います。

 

関東のラーメン!

といえば、

 

みなさん、どのラーメンを思い出しますか?

「横浜家系ラーメン」や「栃木県の佐野ラーメン」
「茨城県水戸市のスタミナラーメン」や「東京都の八王子ラーメン」

 

あ、そうそう

「横浜のサンマー麺」や「油そば」というのもありましたね。

 

どれもこれも魅力溢れるラーメン(中華そば)ですが、
その中でも、ずっと前から行きたかったご当地ラーメンを求めて、
ロイドは千葉県・南房総の富津まで行ってきました。

 

はい、というわけで今回は、

竹岡ラーメンの梅乃屋

さて、千葉県が誇る3大ラーメンの一角を担うこの竹岡ラーメン。

 

その特徴は、

・かえしをチャーシューの煮汁で溶いたスープ
・薬味に角切りのどっさりタマネギ
・そして乾麺

の3つなんだそうです。

 

「う〜ん、それって一体どんな感じのラーメンなんだろう?」
と、この数ヶ月間の間、興味は惹かれていたんですが、

 

近場は逆に腰が重くなってしまい、
3人を突き動かすようなタイミングがなかなか無く…( ´Д`)y━・~~

 

実ははじめは電車でのんびり行こうかなと思ってたんだけど、
最寄りの駅から徒歩 30分と聞いて電車で行くのはあきらめて、、、

 

結局、
東京駅八重洲南口から高速バス『房総なのはな号』で富津へと向かいました。

 

所要時間は80分。

 

以外に早いですよね?

 

この日は最高の天気。

ロイド的には「ラーメン日和」と叫びたくなるようなコンディションです。(°▽°)

 

バスの車窓から石鯛釣りや磯釣りで有名な房総の海を眺めながら、集中力を高めて行きます!

 

移動中に調べたところ、今日うかがう予定の「梅乃屋」の他に「鈴屋」というのがあって、
なんでもこの鈴屋の方が最初に竹岡式ラーメンを始めたお店なんだそう…

 

だけど、竹岡ラーメンの知名度を全国的に有名にしたのが、今回行く梅乃屋ということらしい。

 

まずは、前からずっと気になっていた梅乃屋に行くのは決めてはいるけど、
時間が許せば鈴屋も、、、なんて…

 

食べる前からアレコレ考えているうちに

 

到着!!!

停留所『高速竹岡』を降りると、道路を渡ってすぐ目の前にドドーン!

ありました!ありました!

こんな感じ。

バス停自体、この店のためにあるんじゃないかくらいの立地です。(笑)

店の入り口もうっかりすると通り過ぎてしまいそうな程にこじんまりしています。

看板も出ていない、、、というか気付かなかったのかな??

早速、店内をのぞいてみると、、、なかなかの混み具合。

 

昼時を少しずらした14時頃だけどなかなかですね。

 

この店では相席が普通らしく、
みんながごちゃっと座っていて、またそれが良い雰囲気を醸し出し、
やはり、ラーメン屋はこうでなきゃ!と思わせる。

 

海からの潮風のせいか色々なものが、少しくたびれている。

 

そんな年季の入った店内を眺めているうちに…着丼!!

梅乃屋のYouTube動画

臨場感溢れる動画をどうぞ!

梅乃屋のラーメン

おお〜っど迫力!!!

め 麺が全く見えないぞ。。。

梅乃屋のスープ

タマネギに圧倒されながらも、早速スープをすすってみよう!

 

おっ  これは。

 

実は、事前情報で『スープが美味しくない』っていう評判も聞いていたので、、
あまり期待しすぎずに挑んだひと口目だったんだけど、、

やばい、美味しいよ!

 

自分には、とても醤油をおゆで溶いただけなんて思えないなぁ…

もちろん豚骨や魚介出汁のような濃厚さはないけど、

これはこれでいける!

というか、うまい!

梅乃屋の麺

さて、

いよいよ麺、、、

に、いく前に、どうしてもレンゲに入ってくるタマネギを一口。

うん。タマネギだね。

特に下味とか、炒めてある感じはなく、そのまんま刻んだ玉ねぎです。

よし、今度こそ本当に麺をいくぞ。

 

う、うまい!!!

 

そもそもインスタントラーメンも嫌いじゃないロイドにとっては、
この乾麺は自然に美味しいと言える食感。

 

このスープに対して、乾麺の淡白な感じはあってると思うなぁ。ロイドは好きですよ。

 

でも、決してあっさりとは言えない竹岡ラーメン。

 

作り方だけを聞くと、
旨味も何もなさそうに思うけど、
このスープが絡んだ麺をすすると、
なんとも言えない独特の甘みがある風味がじわっと口一杯に広がるのだ。

 

この味わいは他にはない。

と、はっきり言い切れる。

梅乃屋のチャーシュー

さて、お次はお待ちかねのアレ!

キタ キタ キター!!!

チャーシュー!!!

っていうか、
完全に見た目は沖縄そばのソーキを思い出してしまうほどのゴツさです。

 

いやぁ、すごいよ!

こんな凄いものを見せられたら、
「食べ過ぎ注意」という言葉は意味なしです!!

 

しかもこのチャーシュー、
1個や2個じゃないから本当にすごいボリューム。

 

ふむふむ…わかったぞ!

 

このチャーシューで全て納得。

 

梅乃屋の竹岡ラーメンはこの存在感バッチリのチャーシューを、
主張しすぎないスープと乾麺がさりげなく受け止めているんだな。

 

そして、山盛りの刻みタマネギから浸み出す甘みこそが、
このシンプルなラーメンに変化をつけて食べる者を飽きさせないわけだ。

 

流石!やっぱり評判になるだけのことはあるわ!

まとめ

しかも、今のラーメン界は本当にいろんな出汁やこだわり食材、自家製麺など、
バリエーション豊かな物が主流。

 

いわば、凄いラーメンで溢れかえっている状況。

 

しかし、

この竹岡式ラーメン「梅乃屋」のスープと麺は
そういった世界とは真逆の超個性的な存在になっている。

 

まさにオンリー1のお手本みたいな一杯のラーメン。

 

ご馳走さまでした!!

 

おっ、店を出ると、まだ明るいじゃないか、、

 

自分の腹具合と相談して…もう一軒の竹岡ラーメンの名店「鈴屋」に行くか?

それともここ富津で1泊するか、、、(//∇//)

海の見える道を歩きながら、あれこれ悩むロイドでした。

ロイドの旅はまだまだこれからも続きます!

ブログランキングにポチッと応援よろしくお願いします!

シェアしていただけると励みになります!

みなさん、応援どうぞよろしくお願いいたします!

店舗情報

【店舗情報】

店名=梅乃屋

問い合わせ=0439-67-0920

住所=千葉県富津市竹岡410

交通手段=高速館山道の竹岡インターから車で約7分
バスで行く場合、高速バスの「高速竹岡」バス停すぐ

営業時間=[月木金]10:00~19:00 (L.O.)
[土日祝日]10:00~18:00 (L.O.)

日曜営業

定休日=火・水曜日

フラメンコロイドの足跡

味3.6

接客3.5

雰囲気3.6

評価3.56

この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ロイドごはんの公式ブログ , 2018 All Rights Reserved.