フラメンコロイドの旅

ロイドごはんの公式ブログ

【はじめ家(再訪)】“北陸の虎”と称される横浜家系総本山 吉村家直系店!そのパワフルな家系ラーメンをがっつりいただく! 富山県魚津市グルメ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

 

ブログランキングに参加中! ↓↓↓

北陸の虎、再訪!

初めて「はじめ家」に来たのが
数年前の魚津でのライブの時

今回は、その時以来の再訪で
胸が躍っていた

前回は昼間だったが今回は夜の訪問
通し営業ということもあるが
昼でも夜でもお客さんがひっきりなしで
お店は常に賑わっている状態の超人気店だ


広い駐車場が常に埋まり、開いたと思ったらまた埋まるの繰り返し


総本山直系店共通のロゴが新しく加わる


寒い土地ならではか、待合所が室内に


見やすく親切な案内板


初めてのお客さんでも分かりやすい写真入りのメニュー

肌寒い日であったが
店内は店主の小沢さんはじめ
若い店員の方々とお客さんの活気で

かなりの熱がこもっていた
時間帯にもよるかもしれないが
店には若いお客さんが多い印象

入るとすぐに食券機があり
フロアを切り盛りしている方が
次々に入店してくるお客さんに
「盛りはどうする?」
「味の好みはある?」
気さくな感じに声をかけつつ
目配りして席へと案内していく

その店員さんがすごいのは

お客さんの好みなども覚えていて
声をかけていくこと
「今日も大盛りでいい?」
「味は好みはいつもと同じでいい?」
無骨なイメージもある家系ラーメンだが
こんな風に声かけられるんなら
女性でも、1人でも、居心地がいいだろう

注文は
ラーメン並にほうれん草とネギをトッピング
ちなみにネギは辛ダレ、甘ダレ、タレなしから選べる
他は
チャーシューメンに玉子をトッピングとライス
ラーメン中盛りとライスをそれぞれお願いした


カウンター越しには

テキパキと声を出しながら
次々とラーメンを仕上げていく店員さんが見える
ザザッと平ザルでの手際よい麺上げ
店主の小沢さんが
大きな寸胴の底から豚骨ガラをかき混ぜる…


家系ラーメン店でよく見る光景だが

最近出てきたセントラルキッチンの家系と違い
目の前で職人技が見られるというのも
確かな技術、味への自信が現れているからこそだ

楽しみにラーメンを待とう!


店に入る左右に置かれる食券機で先に食券を購入


麺の説明。麺を少なめも対応してもらえるので遠慮なく


トッピングは食券購入のものとカウンター現金のものがある


吉村家関連のカップ麺、賞状など


直系店のみのTシャツ一覧


吉村家直系店だけに掲げられる新しいロゴ


ラーメン並、ほうれん草、ネギ(辛口ダレでオーダー)

 

来た!久しぶりの上越家…!

目の前で仕上げられているのを眺めるうちに
あっという間にラーメンが出来上がった
カエシに鶏油を入れ、ネギを散らす
その上から豚骨の旨みたっぷりの
熱々の豚ガラ出汁をそそぎ入れる

さあ、いよいよ実食だ!


圧巻の豚骨ラーメンは鶏油で輝いていた


チャーシューメン、多め、硬め、濃いめ


家系にはライスが合う


こちらは珍しい昆布の佃煮


ラーメン並、すべて普通で


食べ終わるまで豚骨が弱まらないパワフルなスープ


酒井製麺の特注麺は直系店にのみ許されるもの


スモーク具合が絶妙のチャーシュー

スープの一口目から
脳に刺さるような濃厚な豚骨とカエシを感じた
美味しい豚骨ラーメンの時は
一口目からガツンと衝撃が走る気がする
そしてその衝撃が
最後食べきるまで続いている

これが美味しい家系ラーメンの証だと自分は思う
豚骨からしっかり旨みが出てパワフルでないと
カエシの味に負けてしまうし
鶏油に負けてすぐに脂と混ざってしまうし
とろみもない
シャバシャバなスープになってしまう
しかし、、
このスープは違った!
とろみもありつつ
カエシのキレも素晴らしい
これは今日は当たりかもしれない…!

はモチモチ感ある酒井製麺の麺
長さは一般的なものより短めで
スープの塩気を吸い上げて
最後になるにつれて味が濃くなっていく
その変化もまた家系ラーメンの面白いところだ

今回のチャーシューがまた
スモークがしっかりしていて
塩気もあり
その絶妙なバランスが
めちゃくちゃすごかった

そしてその肉のジューシーさと柔らかさ…!
スモークの香りと味がスープにも移り

それ自体がアクセントになるところも
家系ラーメンの魅力だし
チャーシューの魅力が十分に感じられる
そんなチャーシューだった

 

最後、麺を食べきるまで
最初のスープの一口と同じくらいの
うまさとコクがずっと続いていた
強い豚骨とカエシが鶏油としっかり調和しあって
互いの旨みを引き出しているのだ
これは
豚骨の扱いが下手な店だとそうはいかない

長年の経験と勘など
いろいろな状況が重なって
最良の状態が出来上がる
かえすがえすも素晴らしい味わいで
メンバー3人で実食してからしばらくしても

感想や熱い意見が止まらなくなった


近年、いろいろ家系を巡ってきた我々だが

その衝撃がいまだに忘れられないくらい
美味しい一杯だった

ごちそうさまでした!


思わず完飲するほど美味しかった…!


美味しい一杯、ごちそうさまでした!

ブログランキングに参加中!↓↓↓

ポチッと応援よろしくお願いいたします♪
シェアして頂けると励みになります!
みなさん応援どうぞよろしくお願いいたします!

鳥のイラストライン

はじめ家(はじめや)
住所:富山県魚津市吉島67-1

電話:0765-23-1789
営業時間:11:00~23:00
日曜営業
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

*臨休等の詳細は必ず事前に連絡を!
ーーーーーーーーーーーーーーー
電車:あいの風とやま鉄道「魚津駅」より徒歩15分

この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ロイドごはんの公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.