フラメンコロイドの旅

ロイドごはんの公式ブログ

【すみれ 横浜店】北海道濃厚味噌ラーメンの超人気店の「すみれ」が野毛に上陸!熱々な濃厚味噌ラーメンを堪能!  横浜市野毛グルメ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

 

ブログランキングに参加中! ↓↓↓

北海道の名店、横浜に現る


ネオンがワクワクする野毛の飲屋街


ひときわ目をひくおしゃれな外観のお店が…

我々が北海道札幌に向かった、とある日
味噌ラーメンの本拠地である北海道の地元の方が
「ここのは美味しい」と絶賛する味噌ラーメン店
ということで伺ったのが「すみれ」だった

その「すみれ」のラーメンは
横浜ラーメン博物館でも食べたのだが
その後、ラー博卒業を惜しむファンが多く
ついに横浜の野毛に新店舗を構えたと聞き
早速伺ってきた!

すみれ」の創業は昭和39年
今に至るまで、様々な歴史があるお店だ
まず札幌、中の島に開店した当時は
純連」と書いて「すみれ」と読む屋号だった
ラーメンにうるさい北海道民を唸らせるほどの
強烈にうまい味噌ラーメンに
あっという間に店は行列店になったのだそう
ところが創業者の病により昭和57年に一旦閉店
翌年に場所を変えて「純連」を再開し
この再開を機に「じゅんれん」と呼ぶようになった
(現在でも札幌豊平区で営業中)
ちなみに「じゅんれん」は長男が継いでいる

その一方で創業者の三男
全く違う店でラーメン屋をやることを決意し
平成元年に「すみれ」の屋号で
「純連」創業の地、中の島に店を開いた
我々が訪れたのはこちらの「すみれ」である

兄弟が経営しているものの完全に独立しており
味や作り方、考え方は全く別の店なのである
「すみれ」がラー博に出店の折も
母親以外の親戚から猛反対されたそうで
それを押し切る形で
三男の「すみれ」は横浜に出てきたのだそうだ

すみれ」「じゅんれん」と
今は袂を分かち、別々の道を歩んでいるが
すみれ」はラー博に出店を果たしたことで
全国的にその名を知られるようになったし
じゅんれん」も地元北海道では名店となり
その教えを受けた職人が次々に店を出し
“純蓮系”などと呼ばれる系譜を作り上げている


入店してすぐの券売機で食券を購入


割と強気の値段設定…


すみれ御飯(360円)に初トライ


各テーブルにもメニュー表がある

待ちながらゆっくりメニューを見るのも楽しい


卓上には胡椒、酢、そして手前の壺は…


ゆずこしょうが常備されている


お店の歴史はさておき

北海道の本店
ラー博の「すみれ」と

とりあえずは網羅してきた自分としては
新店舗の味わいは非常に気になるところ…


味噌チャーシューメン
の普通盛り(1,200円)

それから
黄色い錦糸卵がひときわ目をひく

すみれ御飯(360円)を注文してみた

メニューや店内に目を通しつつ
着丼を楽しみに待つことにする


店内は少しライトを落とした落ち着いた雰囲気

 

その濃厚さをぜひ一度

やってきたラーメンは
表面が厚いラードの層で覆われて
湯気が一切上がっていない
本店で食べた時の様子にとても似ている印象

味のほうはいかに…


味噌チャーシューメンとすみれご飯で1560円也。

一緒に着丼した「すみれ御飯」は
食べようか迷った末にチョイスしたメニュー
普段ならライスなしか白米か、というところだが
この錦糸卵の鮮やかな黄色に惹かれて
ついボタンを押してしまった…笑

ホクホク炊きたてのご飯に
ふわふわの錦糸卵と濃厚な明太子が絡む
ラーメンなしでもこれだけで
どんどん食べ進められてしまう
完全にご飯がススム系だ

逆にこれだけ味がしっかりしているので
初めての方でラーメンを味わいたい方は
頼まない方がいいかも、と思ってしまった
もし頼むのならば

逆に白米かラーメンを大盛りした方が
いろいろ味が分散せずに集中できると思う!


明太子、錦糸卵、海苔で彩られた「すみれご飯」 


ツヤツヤなご飯に玉子がびっしりと…!


濃厚な明太子だけでご飯がどんどん進んでしまう

続いて
濃厚な味噌チャーシューメンをいただこう

北海道では野菜やミンチ肉を炒めたところに
味噌ダレを入れてベースを作るのが
大体の基本なのだそう

おそらく「すみれ」も
その製法で作られていると思われるが…
同じように作っても
他店にない味わいを醸すところが人気店の秘密だ

スープに野菜の甘みがしっかり溶け込んでいるし
何より、味噌がそこまで味噌臭くないのだ
濃厚でクリーミーな塩気が
スープ中の野菜や麺としっかり絡んでいるので
スープを飲むのが止まらなくなる美味しさだ…!


味噌チャーシュー普通盛り(1,200円)


厚いチャーシューが4枚も横たわる


しっかりしたラードの油膜が特徴の「すみれ」のスープ


北海道ラーメンの特徴、縮れ玉子麺


厚みのあるチャーシューだが…


スープの熱で脂が溶けて次第にほろほろに…


メンマは薄めでシャキッとした食感

とにかくスープが熱い!
ラードが覆うことで
熱が最後まで冷めないまま食べられる
寒い土地ならではのラーメンの特徴かもしれない

は北海道では定番の縮れ玉子麺
噛むとほんのり玉子の黄身の香りとコクを感じる
表面は少しザラっとしており
スープや具材をしっかりホールド
麺をすする度に、スープ全体がしっかり感じられる


メンマやチャーシューもいいアクセント

薄めでシャキッとした食感のメンマ
厚みがありスープの熱で脂が溶けて
ホロホロになっていくチャーシュー

一杯の中で常にいろいろなものが変化していくので
食べ勧めても全く飽きないのだ
麺を食べ、チャーシューを食べたら
またスープ、、メンマと麺を食べたら
またスープ…
そもそも最初からのスープ量がさほど多くない上
スープ自体がドロリと濃厚で
麺にかなり絡みついてくるので
いつのまにかスープは少なくなり
ほぼ完飲の状態となっていった

心地いい塩気と濃厚でクリーミーなコク
ほんのり一味が効いたピリ辛さもあり
これはクセになること間違いなし!

比較的横浜からアクセスしやすい場所にあるので
ぜひ立ち寄ってみてほしい

ごちそうさまでした!


22時まで営業のため飲みの締めにも最適!

 

 

ブログランキングに参加中!↓↓↓

ポチッと応援よろしくお願いいたします♪
シェアして頂けると励みになります!
みなさん応援どうぞよろしくお願いいたします!

鳥のイラストライン

すみれ 横浜店(すみれ よこはまてん)
住所:神奈川県横浜市中区野毛町1-26-5 野毛サーク 1F

電話:045-315-2252
営業時間:11:30~15:30 / 17:00~22:00
日曜営業
定休日:木曜定休

*臨休等の詳細は必ず事前に連絡を!
ーーーーーーーーーーーーーーー
電車:桜木町駅から徒歩7分

この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ロイドごはんの公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.