フラメンコロイドの旅

ロイドごはんの公式ブログ

【本家アロチ丸高 丸高中華そば】“車庫前系 和歌山ラーメンの元祖”と言われるその豚骨醤油を味わう! 和歌山県和歌山グルメ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

 

ブログランキングに参加中! ↓↓↓

車庫系の祖、本家アロチ丸高

和歌山に仕事で訪れた際
ホテル近くに和歌山ラーメンの有名店があると知り
早速 食べに向かった

 

戦前からの屋台が発祥と言われる
「和歌山ラーメン」

主に和歌山の北部を中心に食べられていて
店ではラーメンではなく
中華そばと呼ばれることが多い

また和歌山では醤油主体のスープが多く
これは和歌山の近くに
醤油の産地があったからではないかと思われる

 


時代を感じる、味のある入り口


こちらがお店の入り口

店名のアロチ」は店がある界隈の地名で
漢字では「新内」と書く

この界隈は
和歌山市内でも指折りの繁華街、歓楽街であること

お店の営業が夕方から翌朝の3時までであることから
お店には

酔った客、タクシー運転手、客引き、観光客など
地元内外のお客さんが入り乱れ
とても賑やかで常に人が出入りするお店である

 


ひとり客も多く訪れていた


ところで…
和歌山ラーメンは

スープの作り方で2つの系統に分かれている

「豚骨をドロドロまで煮込み醤油を合わせる」
・醤油スープの中華そばを作るときに
豚骨を煮過ぎた失敗からできたといわれる
・代表店には「井出商店」がある

 

「醤油で炊き込んだ豚骨を煮込みスープを作る」
・「本家 アロチ 丸高」がこの元祖と言われる
・和歌山で多いのはこちららしい
・店名に「丸」が付くことが多い
・屋台の場所が路面電車の車庫前に多かったので
「車庫前系」なんて呼ばれたりもする

 

和歌山ラーメンに出会う時
こんな知識を頭に入れておくと面白いかもしれない

 

和歌山ラーメンの流儀

さて、このメニューにあるおでん↓↓
実は和歌山ラーメン店の特徴の一つである


持ち帰りもあり。今日は中華そばとおでんを。

コトコト煮込まれたおでんをつまみながら
中華そばの到着を待っている人が見受けられる
酒の締めにラーメンを食べることが多いことから
おでんや酒を置くようになったんだとか


店で飲む方も。おでんや餃子、キムチも揃う

 

そしてこちらが
もう一つの特徴「早寿司」である


食べた本数を会計時に自己申告するシステム

和歌山ラーメンの店では
「早寿司」を食べる前提で
中華そばの量が少なめになっている店が多いそう

 

そもそも「早寿司」
紀州の名物である発酵鮨「熟れ(馴れ)寿司」を
十分に発酵させていない状態のサバ寿司のことで
十分に発酵させていないのを「早なれ」というので
「早寿司」と呼んでいる


寿司をアセの葉で巻くのが本格的なやり方だが

最近は写真のような↓プラスチック製が主流のよう


和歌山のラーメン店では大定番


「早寿司」は各テーブツにポンと置かれ
好きなだけとって食べる

そして会計時に食べた本数を自己申告するシステム

そんな気さくさも和歌山ラーメンの楽しみ方だ

残念ながら自分はサバが食べられないので
おでんとビールを頼みつつ
晩酌しながら中華そばを待つことにした


かなり煮込まれ染み込んだおでん


晩酌や早寿司を食べながら中華そばを待つのが定番

 

独特の味わいの中華そば


スープ、チャーシュー、メンマと全体茶色が印象的な中華そば


スープは少なめ

かまぼことネギ以外はとにかく茶色

どろっとした茶色のスープからは
びっくりするくらいほとんど豚骨臭がしない
飲んでみると、
なるほど醤油の味が強く出てきて

豚骨がはるか後ろのほうにいる感じ
かなり見た目よりスッキリした口当たりだ

は予想に反してかなりツルツルしていた
誤解を恐れずにいうなら
表面のツルツルさは細めのスパゲティのよう
喉越しは良いし、量は少なめなので
あっという間に食べられる

チャーシューメンマなどはかなりの薄味で
スープの味が大半を占めている印象だった

豚骨醤油、とわかっているが
家系ラーメンや九州の豚骨などと比べると

肉や骨の味がほとんど感じられない
かなり控えめであっさりしているので
確かに飲みの締めや女性には食べやすいと思う
また、早寿司やおでんなど
他の食材ありきの味わいなのかもしれない

 


中央のカマボコの色が可愛らしい


醤油感が前面に出ているとろみあるスープ


ツルツルと入る細めストレート麺


薄味、あっさりチャーシュー


本家アロチ丸高」は

市内を中心にかなりの暖簾分けをしているそう
そういった他店を食べ比べてみたり
違う系統を食べ比べてみたりするのも面白いかも。。

ごちそうさまでした!


酔客、タクシー運転手、客引き、学生、観光客…客足途絶えず

 

ブログランキングに参加中!↓↓↓

ポチッと応援よろしくお願いいたします♪
シェアして頂けると励みになります!
みなさん応援どうぞよろしくお願いいたします!

鳥のイラストライン

本家アロチ丸高 丸高中華そば
ほんけあろちまるたか まるたかちゅうかそば
住所:和歌山県和歌山市友田町2-50

電話:073-432-3313
営業時間:17:30~翌3:00
定休日:日曜、年末年始
*臨休等の詳細は必ず事前に連絡を!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
電車:JR和歌山駅から徒歩13分

この記事を書いている人 - WRITER -
ロイドウォーカー
「フラメンコロイド」というバンドで日本全国を演奏活動しながら車で旅する3人組。日本各地で通りかかった土地の絶品グルメを野生の勘で探し当てながら、北は北海道の礼文島から南は沖縄県の竹富島まで巡っている。ロイドの旅も2019年現在で日本8周目に突入!最近ではヨーロッパやアジアなど海外にも旅が拡大中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ロイドごはんの公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.